青森県におけるインバウンド集客

訪日外国人観光客に人気があった青森県の人気観光地を紹介します。

温泉

  • ・浅虫温泉…県中部、青森市北東部に位置する。(最寄駅:青い森鉄道 浅虫温泉駅)
  • ・薬研温泉…県北東部、下北半島の恐山の北麓にある。(最寄駅:JR大湊線 下北駅)
  • ・大鰐温泉…県中南部、津軽地方の名湯。(最寄駅:JR奥羽本線 大鰐温泉駅)
  • ・酸ヶ湯温泉…県中部、青森市南部。八甲田山の主峰の大岳の南西麓にある温泉で、大浴場「千人風呂」が名物。十和田八幡国立公園内にある。 (最寄駅:JR奥羽本線 青森駅)

自然景観

  • ・下北半島…県東部。下北半島北西端にある大間崎は、本州最北端の岬。下北半島北部の円錐状活火山と外輪山の総称である恐山は死者の霊を呼ぶイタコで有名。仏ヶ浦は下北半島、津軽海峡に臨む断崖絶壁が連なる海岸。(JR大湊線 下北駅)
  • ・津軽半島…県北西部。半島の北西部の日本海岸にはシジミ漁で知られる十三湖がある。龍飛崎は、津軽半島北端の岬。(最寄駅:JR津軽線 三厩駅)
  • ・岩木山…県南西部、弘前市西部。「津軽富士」と呼ばれる。(最寄駅:JR奥羽本線 弘前駅)
  • ・十和田湖…青森・秋田県境にあるカルデラ湖。湖畔には高村光太郎作『乙女の像』が建つ。十和田八幡国立公園の中心をなす。奥入瀬渓流は十和田湖畔の子の口から焼山までの奥入瀬川上流部の渓谷で、銚子大滝がある。(最寄駅:JR奥羽本線 青森駅)
  • ・八甲田山…県中部。酸ヶ湯温泉が湧出する。十和田八幡国立公園の北部を占める。(最寄駅:JR奥羽本線 青森駅)
  • ・白神山地…青森・秋田県境に位置する。ブナの原生林で覆われた広大な産地で、1993年にユネスコの世界自然遺産に登録された。(最寄駅:JR五能駅 白神岳登山口駅)

観光都市

  • ・三内丸山遺跡…青森市にある日本最大級の縄文集落の遺跡。(最寄駅:JR奥羽本線 青森駅)
  • ・弘前城…弘前市にある津軽藩代々の居城、東北で唯一の現存する天守閣を持つ。東北有数の桜の名所で4月下旬から5月上旬にかけて弘前さくら祭りが催される。(最寄駅:JR奥羽本線 弘前駅)

祭り

  • ・青森ねぶた祭り…8月に青森市で行われる祭りで東北三大祭の一つである。
お問い合わせ

お電話からの資料請求・お問合せはこちら

0120-979-990

株式会社エフエーアイ

大阪市北区西天満6-7-2 新日本梅新ビル7階

ページトップへ